opencocon v9b released

opencocon v9b をリリースしました。今回は主は前リリースである v9a に対し、軽微なバグ修正のみを行っています。 本バージョンは、OSC島根 あわせでマスタリングしましたが、RasPi版の調整と、諸事情によりリリースが遅れていました(申し訳ありません…)。ダウンロードできるイメージは、会場で配布したメディア(PC版)と同じものとなります。 変更点は以下の通りです。 変更点 WebKitGTKとmidoriを更新しました。これに伴いWebPの表示に対応しました。 Option menuからNTPサーバに接続できるメニュー項目を追加しました。時計の同期に利用できますが、現在のところntppoolプロジェクトへのベンダー申請中ですので、サーバ名の入力をお願いします。 Option menuからタイムゾーンの設定ができるようになりました。なお、起動時はこのバージョンより Tokyo/Japan になります。 SoftEther接続後、IPアドレスの取得時に正しく接続できているか等のチェックを加えました。 Siliconmotion SM712 を搭載したマシンで、Force ...

opencocon v9a released

opencocon v9a をリリースしました。今回は主は前リリースである v9 に対する機能追加を収録しています。 本バージョンは、OSC京都 あわせでリリースしました。ダウンロードできるイメージは、会場で配布したメディア(PC版)と同じものとなります。 変更点は以下の通りです。 変更点 USB メモリ等から NetworkManager の設定を読み込めるようになりました。 opencocon 以外の、NetworkManager を用いるディストリビューションにおいて、 /etc/NetworkManager/system-connections/ 内にある接続設定ファイル(拡張子なし)を USB メモリ等の ...

opencocon v9 released

opencocon v9をリリースしました。今回は主にベースのOpenEmbeddedのバージョンアップ、内部コードの整理など、目には見えない変更点を多く収録しています。 本バージョンは、OSC名古屋 あわせでリリースしました。ダウンロードできるイメージは、会場で配布したメディアと同じものとなります。(なお、Raspberry Pi版はビルドエラーが発生しているためリリースが遅延しています。正常な動作を確認次第リリースしますので、もうしばらくお待ちください。) 変更点は以下の通りです。 おもな変更 OpenEmbedded (Yocto Project 1.6) daisyブランチをベースに構築しました。 メニュー画面の配色を青系に変更しました。もっとも、好みがあると思いますので、配色の変更機能は将来搭載する予定です。 メニューに、再接続の項目を追加しました。2回目以降の接続時に、メニューの一番上(Reconnect to..)を選択すると再接続することができます。 X.org を 1.14 ベースに更新しました。多くのマシンでは影響がないものと思われますが、正常に画面が映らなくなったマシンが存在するかもしれません。問題がありましたら報告をお願いします。(こちらで確認する限り、Librretto L1が正常に映らなくなっています。次で対応します) ...

opencocon v8b released

opencocon v8bをリリースしました。v8a以前で発生したバグ修正がメインです。 本バージョンは、OSC東京あわせでリリースしました。ダウンロードできるイメージは、会場で配布したメディア(小江戸らぐブースで配布したものは起動可能なISOイメージにて収録)と同じものとなります。なお、今回はPC/AT互換機版のみのリリースとなります。 変更点は以下の通りです。 おもな変更 Copy-to-RAM 機能使用時、途中でCDのトレイが開いた後、すぐに閉じてしまうことがある不具合を修正しました。 Copy-to-RAM 機能時、何らかの理由でCDトレイが開かなかった場合に、手動でEJECTできる機能をメニューに追加しました。 英語キーボード等のメニューからの選択に対応しました。 GRUB2 の ISO イメージのブート機能に対応しました。なお本機能を使用する場合、起動パラメータに fromiso=(ISOイメージのパス) を手動で追加してください。 使用するフォントを小瑠璃フォントに変更しました。太字などの可読性が向上しています。 謝辞 いつものように、バグ報告などを頂いた皆様に深く感謝いたします。また、機材等を寄贈・貸与いただきました皆様に深く御礼申し上げます。 opencocon ...

opencocon v8a released

opencocon v8aをリリースしました。v8で発生したバグ修正を行いました。主にUSB起動のCDドライブ等から起動できない問題を解決しています。 本バージョンは、KOFあわせでリリースしました。ダウンロードできるイメージは、会場で配布したメディアと同じものとなります。 変更点は以下の通りです。 おもな変更 ライブCDに起動メニューを付けました。 Copy-to-RAM 機能を実装しました。ブート時に同機能を有効にすることで、opencocon のイメージがメモリにコピーされ、より高速に実行できるようになります。 (当初、KOFで配布したビラには一部不具合があるとの表記がありますが、既に解決しております。) 一部の eGalax タッチパッドに対応しました。KOHJINSHA PMでは自動判定を行えますが、判定できない機種の場合、起動オプションに galax を付けてください。 USB接続CDドライブ等の認識が正常にできなくなっていた問題を修正しました。 HITACHI FLORA Se210 ...

opencocon v8 released

opencocon v8をリリースしました。v7bから多数の変更が加えられています。 Linux 3.10 ベースに更新され、細かい仕様追加が行われました。また、初の移植版として、Raspberry Pi 版が今回から加わりました。 本バージョンは、OSC東京あわせでリリースしました。こちらでのアナウンスが遅れ申し訳ありません(同時にはできないのです…)。 変更点は以下の通りです。 おもな変更 Linux kernel を 3.10 に更新しました。 収録されているFreeRDPのバージョンが変更されました。これにより、正常に画面が映らない可能性があるかもしれません。 ライセンスの関係上、ファームウェアをバンドルできないいくつかの無線LANチップ(Broadcom, Prism54, Intel ipw2x00)向けに、別のハードディスク・USBメモリからファームウェアを読み込むようになりました。opencocon ...

opencocon v7b released

opencocon v7bをリリースしました。v7aに引き続き、バグ修正がメインのリリースです。 具体的には、前バージョンに引き続き一部のグラフィックチップで動作しない不具合を修正しています。一部コンポーネント(Linux, X.org)を v5, v3 のものに戻すなどしていますので、もしかして v7 まで正常に動いていたものが動かなくなっている可能性があります。その場合は v7 または v5 をご利用ください。 本バージョンは、OSC京都あわせでリリースしました。こちらでのアナウンスが遅れ申し訳ありません。 変更点は以下の通りです。 おもな変更 S3 Savage, NeoMagic, Siliconmotionなど、一部のグラフィックチップを搭載したコンピュータで、再び正常な画面表示ができるようになりました。 ...

opencocon v7a released

opencocon v7aをリリースしました。このリリースは、opencocon v6以降エンバグしていた点を優先的に修正するものですが、七夕リリースしたかったというオチもあったりします。 具体的には、ATI Radeon, Rage128, Mach64 といったグラフィックチップを持つマシンで正常に画面表示ができない不具合を修正しています。切り分けのため、一部コンポーネント(Linux, X.org)を v5 のものに戻すなどしていますので、もしかして v7 まで正常に動いていたものが動かなくなる可能性があります。その場合は v7 または v5 をご利用ください。 変更点は以下の通りです。 おもな変更 いわゆるATIバグ(ATI ...

opencocon v7 released

opencocon v7をリリースしました。opencocon v6からのバグ修正が主な点になります。 OSC名古屋合わせのリリースであったため、一般向けのアナウンスが遅れてしまい申し訳ないですが、現在のところ v6 の時のような大きなバグは見つかっていません。 変更点は以下の通りです。 おもな変更 USBメモリやハードディスクのルートディレクトリ(フォルダ)に「cocon.cnf」という名のファイルがあると、それを設定ファイルとして読み込むようになりました。これにより、自動接続や日本語以外のキーボードも対応できるようになりますが、現在は試験的な実装です。詳しくはこちらをご覧ください。 USB/PCMCIA/FireWire接続のCDドライブから再びopencoconが起動できるようになりました。 ATI Radeon, Mach64やS3 Savageなど、一部のグラフィックチップを搭載したコンピュータで、再び正常な画面表示ができるようになりました。 GMA500(Poulsbo)のグラフィックチップを搭載したコンピュータで、マウスカーソルが正常に表示されるようになりました。 特殊な解像度のディスプレイを持つコンピュータへの対応を開始しています。v7 では KOHJINSHA SAシリーズで動かした場合、他のディストリで必要なxorg.conf の調整作業が不要になります。 ...

opencocon v6 released

本日、opencocon v6 が登場しました。ベース更新があり新機能の追加は控えめですが、着実に進化したバージョンとなっています。 変更点 Linux 3.4ベースに更新しました SPICEクライアントが追加されました RDP接続時、日本語キーコードが正しく伝わるようになりました 解像度の変更などがGUI上で行えるようになりました 一部の初代Pentium搭載機において、PCMCIAカードが正常に動作するようになりました (ただし自動的にロードしません) 不具合 以下のグラフィックチップを搭載したコンピュータは、ドライバが正常に動かないため、フレームバッファ上で動いています。このため、描画スピードが遅くなる、解像度の変更ができないなどの不具合が発生しています。 (ATI Radeon, S3 Savage) 本来ファームウェアがバンドルされるものの、入っていないチップが一部あります。これらは次版以降で再びバンドルします。 (CISの必要なPCMCIAカード (CentreCOM LA-PCMなど) ) ...