opencocon v9c released

opencocon v9c をリリースしました。今回は主は前リリースである v9b に対し、いくつかバグ修正と機能向上(実験的な面もありますが…)を行っています。

本バージョンは、先日の OSC東京 あわせでマスタリングしましたが、RasPi版の調整があり、リリースが遅れていました。ダウンロードできるイメージは、会場で配布したメディア(PC版)と同じものとなります。

変更点は以下の通りです。

変更点

  • 自動設定ファイル(cocon.cnf)の読み込み周りのコードを書き直しました。
  • SoftEther VPN の自動接続設定に対応しました。(設定方法は後日記述します、もうしばらくお待ちください…)
  • NTPサーバを入力しなくても時間補正が可能になりました(ntppoolを利用します)。
  • Siliconmotion SM712を搭載したPCでの画面表示アクセラレーションにふたたび対応しました。ただし、解像度が 1024×600 になるケースがあるなど、依然調整中です。
  • Libretto L1の画面表示を正常に行えるように修正しましたが、テストされていません。
  • PCIバスを搭載しないマシンにて、pata_legacy で3つ以上のIDEコントローラをスキャンしないようにpatchを当てました。
  • RDP接続時、パスワードの試行回数に制限を設けました。

ロードマップ

SoftEtherの認証方式のさらなる充実と、ネットブート対応を予定しています。ほか、軽微な修正をいくつか予定しています。順調にいけば、11月中旬の登場を予定しています。

謝辞

いつものように、バグ報告などを頂いた皆様に深く感謝いたします。また、機材等を寄贈・貸与いただきました皆様に深く御礼申し上げます。

opencocon v9c は、ビルドの全工程とWebサイトホスティングを、ConoHa を用いて行いました。この場を借りて御礼申し上げます。