opencocon v9a released

opencocon v9a をリリースしました。今回は主は前リリースである v9 に対する機能追加を収録しています。

本バージョンは、OSC京都 あわせでリリースしました。ダウンロードできるイメージは、会場で配布したメディア(PC版)と同じものとなります。

変更点は以下の通りです。

変更点

  • USB メモリ等から NetworkManager の設定を読み込めるようになりました。
    • opencocon 以外の、NetworkManager を用いるディストリビューションにおいて、 /etc/NetworkManager/system-connections/ 内にある接続設定ファイル(拡張子なし)を USB メモリ等の coconnm/ にコピーすると、その設定をopencocon起動時に読み込みます。
    • ディストリビューションによっては、WPA等のパスワードは平文で格納されています。取り扱いには注意するようお願いします。なお、この挙動は将来、パスワード保護などのために変わる可能性が大いにあります。
  • SoftEther VPNへの接続に試験的対応
    • 操作の流れとしては、メインメニューから VPN -> SE を選択して接続してください。その後は、DHCPによるアドレス取得を SEDHCP を選択して行います。
    • 現在のところ、匿名認証、パスワード認証(standard)にのみ対応しています。
    • SoftEther VPNにて接続する際はopencocon側の時計を正確に合わせてください。でないと、正常に接続できません。
    • opencoconは、その特性上Clientのみ収録しており、Server及びBridgeを搭載していません。
    • 無線LANなど、回線が不安定でDHCPが繰り返し動くような環境では正常に動作しないことがあります。
    •  SoftEther(GPLv2)をopencoconに収録するにあたり、ある程度のチェックは行いましたが、それでも他のLinux/BSDディストリビューションやコミュニティのチェックが余り入っていない・収録することによるリスクが読めない等々の事情があるため、慎重に対応したいと考えています。この機能を使用することによる結果何があっても、opencocon・アップストリーム共に何も保証できませんので、十分検討したうえで試していただきますようお願いします。なお、SoftEtherを利用することに対する諸注意は WARNING.TXT もご確認ください
  • IPv6ネイティブ環境にてNetworkManagerが落ちるバグを修正
  • ipw2x00 のファームウェアが正常にダウンロードできない不具合を修正 (coconfrm-downloader)
  • ホスト名にランダムな数字が付くようになった(tinyXXXXX)
  • Raspberry Pi : 移植版が再びビルドできるようになった (お待たせしました…)
  • Raspberry Pi : 音が出るようになった

既知のバグ

  • Raspberry Pi : ブラウザにてJavaScriptを動かすと落ちるバグが修正されていません。これについては、OpenEmbedded側のwebkit-gtkが暫く更新されていないため、次バージョン以降でバージョンアップ、あるいはブラウザの見直しを行おうと考えております。
  • Libretto L1, L2にて正常に画面が映りません。
  • 【8/5追記】 Raspberry Pi : 一部の方から、正常に起動しない不具合が報告されています。現在調査中ですが、もし動作しない場合は状況を報告いただければ有難いです。

ロードマップ

お寄せいただいたバグや要望は順次実装できればと思っています。フィードバックをお待ちしております。なお、次の v9b のリリースは8月下旬を予定しています。

謝辞

いつものように、バグ報告などを頂いた皆様に深く感謝いたします。また、機材等を寄贈・貸与いただきました皆様に深く御礼申し上げます。

opencocon v9a は、ビルドの全工程とWebサイトホスティングを、ConoHa を用いて行いました。この場を借りて御礼申し上げます。