opencocon v7b released

opencocon v7bをリリースしました。v7aに引き続き、バグ修正がメインのリリースです。

具体的には、前バージョンに引き続き一部のグラフィックチップで動作しない不具合を修正しています。一部コンポーネント(Linux, X.org)を v5, v3 のものに戻すなどしていますので、もしかして v7 まで正常に動いていたものが動かなくなっている可能性があります。その場合は v7 または v5 をご利用ください。

本バージョンは、OSC京都あわせでリリースしました。こちらでのアナウンスが遅れ申し訳ありません。

変更点は以下の通りです。

おもな変更

  • S3 Savage, NeoMagic, Siliconmotionなど、一部のグラフィックチップを搭載したコンピュータで、再び正常な画面表示ができるようになりました。
  • 特殊な解像度のディスプレイを持つコンピュータへの対応を強化しました。v7b では新たに「SONY PCG-C1(第1~2世代)」、「TOSHIBA Libretto L1~L5」に対応するX.orgの設定がバンドルされました。
  • すっきりしたデザインのスキンに変更しました。
  • USB 3.0 (xHCI)に対応しました。
  • cocon.cnfでの自動接続設定に、VNC・SPICE・X・Webブラウザのパラメータを追加しましたが、やはり試験的な対応です。
  • 非常に試験的なPowerPC Mac版が登場しました。現状ではtarball版のみであり、Live CD等はありません。

現在判明している不具合

  • RDP接続時、音声リダイレクトが正常に動作しません。これはFreeRDPの問題ですが、現状では未だ不具合が解消しきれていない模様です。
  • 古いPCカードコントローラ(i82365)が正常に動かなくなっています。次版で修正します。
  • 一部の GMA500(Poulsbo)を搭載したマシンで、正常に動作しなくなっています。これに関する修正は申し訳ありませんが、Linux 3.0である間は未定です。
  • 一部の Siliconmotion のグラフィックチップを搭載したコンピュータ(ThinkPad i series)では、画面がちらつきます。

今後のロードマップ

opencocon v7 系統は、今後もバグ修正に特化したリリースを継続いたします。しかし、より新しいLinux 3.10, X.orgなどの対応試験のために、今後新しいブランチディストリビューションをリリースする予定です。

多くリクエストを頂いておりますUSBメモリ版ですが、近日 opencocon v7b ベースのものをリリースする予定です、もうしばらくお待ちください。

PowerPC Mac版 の試験も少しづつ進めていますが、正式リリースまでには時間がかかる見込みです。
ARM関係では、Raspberry Pi への対応のリクエストを多方面から頂いていますが、いつ対応するか等は現状では全く未定です。他のプラットフォームを含め、よくご存知の方の参加をお待ちしております(フォーラムへどうぞ)。

謝辞

いつものように、バグ報告などを頂いた皆様に深く感謝いたします。

また、OSC京都にあわせ、日用品や機材、ぬいぐるみ等を寄贈いただきました皆様に深く御礼申し上げます。

opencocon v7b は、ビルドの全工程とWebサイトホスティングを、 お名前.com さんから提供頂いた VPS を用いて行いました。この場を借りて御礼申し上げます。