opencocon v5 リリース

opencocon の新しいバージョン、opencocon v5 が登場しました。
前バージョンであるv4から1ヶ月半と短い間隔ですが、今回も引き続き、バグフィックスに注力しています。オープンソースカンファレンス2012 Fukuoka 合わせでリリースしたため、会場先行となりました(すみません…)。

次のバージョンから開発体制をよりオープンなものにしていきたいと考えています。そのため、若干間隔が伸びるかもしれません。また、興味をお持ち方は、とりあえず @shimadah へご連絡頂ければ幸いです。

リリースにあたり、多くの方からツッコミをいただきました。この場を借りて感謝申し上げます。

修正点は以下の通りです。

  • Mervell(libertas), ZyDAS(zd1211rw), Atheros(carl9170), Broadcom(brcmsmac) 無線LANアダプタに追加対応しました
  • SSHポートフォワーディングを画面から設定できるようになりました
  • RDP接続時の音声転送に対応しました (ただし、最初にMixerでボリュームを上げる必要があるかもしれません)
  • グラフィックの動作がおかしい一部のPCのために、起動オプションを追加しました。syslinuxでのブート画面にて、[F2] キーを押すと詳細が出てきます
  • FireWire 接続 CD-ROM から起動する、一部のVAIOに対応しました
  • 写真スライドショー機能っぽいものを搭載しました。ただし暫定対応であり、外部のUSBメモリ等から写真を映す機能は今後実装する予定です
  • RDPのログイン時に出る大量のメッセージを出ないようにしました (下記にもある、キーボード配列のバグを追うために出るようになってました)

また、今回まだ修正が終わっていない点は以下の通りです。

  • 現在のバージョンでも、RDP・VNC接続時にキーボード配列が英語のままである可能性があります。
    • RDPの場合、もし発生する場合はホスト側をログオフする等してみると、戻ることがあります。
    • VNCでは随時発生しているようです。
  • 引き続き、Pentium MMXレベル以下の一部のコンピュータで、起動途中にフリーズする不具合が判明しています。
  • tarballからのHDD installではいくつかの不具合が判明しています。
    • Xorg コマンドを SETUID(a+s) する必要があります。
    • depmod する必要があります。
    • aplay, speakertest パッケージがうまく入っていません。opkg install で別途インストールする必要があります。
  • キーボードの配列選択は次のバージョンで実装する予定です。
  • 無線LANについては、ファームウェアの関係で、以下のチップは未だサポートしていません。次バージョンにて、なんらかの方法で利用できるようにする予定です。
    Broadcom (b43, b43legacy), Intel (ipw2x00), Prism54
  • HDDやUSBメモリからの起動に対応していますが、インストーラが無いため未だ非対応としています。今後インストーラを提供致します。