opencocon v4リリース+イベント出没のお知らせ。

opencocon の新しいバージョン、opencocon v4 が登場しました。
前バージョンであるv3は4ヶ月前ひっそり登場していましたが、実はいろいろとエンバグしていたこともあり、今回のリリースではバグフィックスに注力しています。
その割には、メニューから無線LANの接続ができるようになった等、修正を多く加えており、見た目は別物になっているかもしれません。

リリースにあたり、多くの方からツッコミをいただきました。この場を借りて感謝申し上げます。

ということで、今後opencocon v4の展示配布を西日本各地で行います。ぜひこちらもお越しください。

10/27 オープンソースカンファレンス2012 Oita/Fall
11/9-10 関西オープンフォーラム2012
12/8 オープンソースカンファレンス2012 Fukuoka

修正点は以下の通りです。

  • 無線LANに一部対応しました。Network Setting から設定できます。
  • CD版の終了後、CDドライブをejectするようになりました
  • メニュー画面をX起動後に表示するようになりました
  • メモリが240MB以下のマシンでは、zramによる圧縮スワップが有効になります。長時間接続する場合の安定性が向上・・・すると思いますが具体的には測定していません
  • それに伴い、必要メモリ容量を 64MB に引き下げました
  • 各種バグが解消したため、WebブラウザをMidoriに戻しました
  • メニュー項目を一部整理しました

また、今回まだ修正が終わっていない点は以下の通りです。

  • 起動後にLANカードを差し替えた場合、CPUの使用率が急激に上がったり、接続ができなくなることがあります。
  • 現在のバージョンでも、RDP・VNC接続時にキーボード配列が英語のままである可能性があります。再現性がまちまちであるため、引き続き調査しています。
  • ディスプレイ・グラフィックカードが特殊なコンピュータでは正常に動かないことがあります。順次対応コードを入れる方針ですが、ご要望などお待ちしております。
  • 引き続き、Pentium MMXレベル以下の一部のコンピュータで、起動途中にフリーズする不具合が判明しています。
  • tarballからのHDD installではいくつかの不具合が判明しています。
    • Xorg コマンドを SETUID(a+s) する必要があります。
    • depmod する必要があります。
  • キーボードの配列選択は次のバージョンで実装する予定です。
  • 無線LANについては、ファームウェアの関係で、以下のチップは未だサポートしていません。次バージョンにて、なんらかの方法で利用できるようにする予定です。
    Broadcom, Intel (ipw2x00), ZyDAS, Atheros(carl9170), Prism54
  • 今回、initdのコードで、HDDやUSBメモリからの起動に対応しました。しかし、インストーラが無いため未だ非対応としています。今後インストーラを提供致します。