Install-To-USB-Memory

USBメモリへのインストール

opencocon v9h より、ISO イメージが USB メモリに直接書き込めるハイブリッド版となりました。
以下の例のように、そのまま dd コマンドで USB メモリに転送し、boot することができます。
ただしこの方法では cocon.cnf 等を同じ USB メモリに置くことができません。

#  dd  if=opencocon-v9h-20151023.iso  of=/dev/sdb

※以下の操作を行うことで、USB メモリ内のデータがすべて削除されます。必ずバックアップを取ってください。

USBメモリへのインストール(手動)

現在のところ、opencocon には USB メモリへのインストーラはありませんが、USB メモリ版の作成を試してみたい場合は以下を参考にしてください。

警告

以下の操作を行うことで、USB メモリ内のデータがすべて削除されます。必ずバックアップを取ってください。
また、インストール先のUSBメモリのドライブ(Windows)、又はデバイスファイル(Linux)を間違えないよう十分お気をつけください。インストールに必要のないデバイスは外して作業してください。
本記事は無保証です。ご自身の責任にて作業お願いします。

必要なものと下準備

  • syslinux (この記事では、syslinux 4.06 を使用しています)
    • Linux では、各ディストリビューションのパッケージをそのまま使用できます。ただし、 mbr.bin の格納場所はディストリビューションによって異なります。
    • Windowsでは、以下のURLからダウンロードできる zip 版を使用します。ダウンロード後、あらかじめ解凍してください。
      http://www.kernel.org/pub/linux/utils/boot/syslinux/
  • opencocon v5のCD イメージ内より、以下のファイルを取り出します:
    bzImage
    crusoe.sqs
    crusoe.gz
    isolinux フォルダ
    licenses フォルダ
    コピー後、isolinux フォルダ内の isolinux.cfg を、syslinux.cfg にリネームしてください。

USBメモリの初期化と書き込み(Linux編)

以下では、インストール先USBメモリのデバイスを /dev/sdb1 として書いています。
それぞれの環境で異なるので、以下適時読み替えてください。
(デバイス名を間違えると、HDD等のブートができなくなります。眠いときは十分お気をつけください。)

  1. インストール先のUSBメモリをアンマウントします。
  2. USBメモリのデバイスにて cfdisk や fdisk 等を実行し、デバイス全体を一個のFAT領域
    として確保します。(手順は割愛します)
    このとき、FAT32パーティションである sdb1 に Boot フラグを必ず付けてください。
  3. 次に、FAT32 (vfat)としてフォーマットします。
    #  mkfs.vfat  /dev/sdb1
  4. MBR に syslinux のレコードを書き込みます。
    以下の例では if= の部分は Debian/Ubuntu での例です。
    (必ずデバイスの最初に書き込む必要があります。以下の例の場合、 sdb1 ではないことに注意してください。)
    # dd  if=/usr/lib/syslinux/mbr.bin  of=/dev/sdb
  5. USBメモリをマウントし、下準備で取り出したopencoconのファイルをUSBメモリのトップに入れます。
  6. 最後にUSBメモリをアンマウントし、syslinux コマンドでブートローダをインストールします。
    #  umount  /dev/sdb1
    #  syslinux  --directory  /isolinux/  --install  /dev/sdb1

USBメモリの初期化と書き込み(Windows編)

インストール先のUSBメモリは、Fドライブとして書いています。
それぞれの環境で異なるので、以下適時読み替えてください。

  1. F ドライブの右クリックメニューから、USBメモリを FAT または FAT32 でフォーマットします。(NTFS、exFAT からのブートは対応していません。)
  2. 下準備で取り出したopencoconのファイルをUSBメモリのトップに入れます。
  3. syslinux を実行し、ブートローダをインストールします。
    このとき、Windows のコマンドプロンプトは管理者権限で実行してください。
    > (syslinuxのあるパス)\win32\syslinux.exe  --mbr  --active  --directory  /isolinux/  --install  F:

よくある質問

  • USBメモリに正常に書き込めない旨のエラーが出る
    USBメモリが経年劣化で書き込めていない可能性があります。別のUSBメモリで試してみてください。
  • crusoe.gz、crusoe.sqs、bzImage の置き場所を変えたい
    syslinux.cfg を適当に編集することで、変えることができます。
    なお、SquashFSイメージについては、Kernel のパラメータで  sqsfile=/syslinux/crusoe.sqs  等と書くと、パラメータで指定したパスで読み込むようになっています。お試しください。
  • ブートUSBメモリを作ったが、正常に動かない
    以下の問題が考えられます。

    • USBメモリに対応していないコンピュータである。(BIOSの設定をご確認ください)
    • 壊れたHDDやCDドライブなどが搭載されている。(多くの場合、読み込み速度が低下します)
    • Kernel の表示が出た後に画面の乱れなどある。:この場合、CD版でも再現する可能性があります。報告頂ければありがたいです。