opencocon.org 改修のおしらせ

おかげさまで opencocon もある程度ご利用いただくようになりましたが、配布サイトである opencocon.org は多くの面で古くなってきました。今後の展開のこともありますので、さまざまな改修を行おうと考えています。

基本的には無停止で行いますが、しばらくは一部のコンテンツにアクセスできない等の不具合が起こる可能性があるかと思います。ご了承ください。

具体的な作業項目は以下のようなものを予定しています。

  • サーバ移行:停止時期は決まり次第連絡します
  • フォーラム:使いづらいという話も聞きますので、BBpressに対していくつか改修しようと考えています。
  • 動作確認端末リスト:これはWiki形式で新規に作成することを考えています
  • ビルド速報:buildからリリースまでが最近遅くなってしまうケースが多いため、どのようにするかはまだ検討中ですが、何らかの方法での自動的な情報提供をしたいと考えています。

opencocon thinclient v10 beta1

opencocon v9 の登場から約2年、諸般の事情でメジャーバージョンアップが滞ってましたが、久々に次期バージョンが完成に近づいてきました。
これまでベータ版等のテスト配布はあまり行ってきませんでしたが、以前より利用されている方が増えた(らしい)状況ですし、テストすべき機種も増加したということでベータ版として配布を試みます。
このバージョンは未だ日常的な利用には向きません。不具合の洗い出しを念頭に置いたリリースとなります。ご了承ください。

ダウンロードは通常の置き場所とは異なりますのでご注意ください。

変更点

  • Linux 4.4 ベースになりました
  • aufs から overlayfs に変更しました
  • uClibc から musl libc へ変更しました。このため、大幅なパッケージの見直しを行っています
  • WebKitGTK + midori から Firefox に変更しました
  • x2go プロトコルに対応するクライアント x2goclient を新規搭載しました。これに伴い qt5 も追加しています
  • x64 用イメージ(coconx64)、TOSHIBA AC100 (Dynabook AZ)用イメージ(ac100)を追加しました。

不具合

  • SoftEtherの接続が正常に行なえません。
  • KOHJINSHA等、一部のタッチパネル搭載マシンでまだ正しくタッチパネルが認識されていません。
  • x2go において、フルスクリーン設定で接続すると失敗します。この点はここんによる検証済設定が入るまで、フルスクリーンにしないようご注意ください。
  • まだ x2go は cocon.cnf による自動接続に対応していません。
  • 多くのエラーが放置されたままです

プラットフォーム固有の事項

  • cocon486
    • CPUが500MHz以下の機種において、 x2go は現状、非常に動作が重い状況です。Webブラウザとx2goについては、ある程度のスペックで動作の下限を設けようと考えています。
    • Siliconmotiom, SiS, VIA (OpenChrome) のグラフィックチップを搭載したマシンの中には、まだ正常に動作しないものがあります。
  • coconx64
    • 現在初期テストの段階です。全てのx64 CPUに対応しています。
    • 現在はBIOSからのCDブートにのみ対応しています。 UEFI、Secure Boot にはまだ対応していません。
  • cocon486, coconx64共通
    • sisimedia ドライバを新規搭載しましたが、動作確認を行っていません。
  • ac100
    • 現在初期テストの段階です。インストール方法の文章は準備中です。
    • まだ無線LAN, 3G モデムの認識ができません。
    • poweroff しても、まだ正常に電源が切れません。ディスプレイの電源が切れましたら、数秒間電源ボタンを押し、確実に電源を切るようにしてください。
  • raspberrypi
    • 後回しになっている関係でBeta 1では未だビルドされていません。準備ができ次第出します。

opencocon v9h released

opencocon v9h をリリースしました。今回は主は前リリースである v9g に対し、いくつかバグ修正を行っています。

変更点は以下の通りです。

変更点

  • cocon.cnfが読み込めなかった不具合を修正(したはずです ※が、まだ治っていないという指摘があります)
  • SoftEtherの切断処理が正常に行われておらず、再度接続できない不具合を修正
  • 各種コンポーネントのバージョンアップ
  • USBメモリに直接書き込めるISOイメージになった

不具合

  • FreeRDPで接続時に Ctrl+Alt+Enter を押しウィンドウモードにすると、画面が歪みFreeRDPの動作速度が低下します。再接続することで元に戻りますが、対策がわかりしだい対応します
  • FreeRDP接続時、音声が乱れることがあります
  • chipsドライバを使用するグラフィックカードで、Xが正常に起動しません
  • HP Thin-Client 2533tでは無線LAN(b43)が正常に使えないため、暫定的に無効にしています
  • 一部のSiSドライバを使用するグラフィックカードを使用した際、画面に乱れが発生することがあります。

ロードマップ

次のメジャーリリース(opencocon v10)に向けて作業中であるため、opencocon v9シリーズは不具合修正が主になります。新機能などのご要望は v10 のみに反映されることになりますのでよろしくお願いします。

謝辞

いつものように、バグ報告などを頂いた皆様に深く感謝いたします。また、機材等を寄贈・貸与いただきました皆様に深く御礼申し上げます。

opencocon v9h は、ビルドの全工程とWebサイトホスティングを、ConoHa を用いて行いました。この場を借りて御礼申し上げます。

opencocon v9g released

opencocon v9g をリリースしました。今回は主は前リリースである v9f に対し、いくつかバグ修正を行っています。

変更点は以下の通りです。

変更点

  • Copy-on-RAMモードで起動時に、起動したUSBメモリ・CDから各種設定やファームウェア等を正常に読み込めなかった不具合を修正
  • 自動接続時にLAN等に繋がってない時、一定時間ウェイトを入れるようにした
  • NetworkManagerの設定のうち、無線LAN等の設定が正常に反映されない不具合を修正
  • Squashfs netbootが正常に行えなかった不具合を修正
  • HP Thin-Client 2533tで起動させると途中で電源が落ちる不具合を修正

不具合

  • FreeRDPで接続時に Ctrl+Alt+Enter を押しウィンドウモードにすると、画面が歪みFreeRDPの動作速度が低下します。再接続することで元に戻りますが、対策がわかりしだい対応します
  • FreeRDP接続時、音声が乱れることがあります
  • chipsドライバを使用するグラフィックカードで、Xが正常に起動しません
  • HP Thin-Client 2533tでは無線LAN(b43)が正常に使えないため、暫定的に無効にしています
  • 一部のSiSドライバを使用するグラフィックカードを使用した際、画面に乱れが発生することがあります。

ロードマップ

次のメジャーリリース(opencocon v10)に向けて作業中であるため、opencocon v9シリーズは不具合修正が主になります。FreeRDPの安定化をはじめ、 v9 シリーズにもあったほうがよい修正は今後も反映されますが、新機能などのご要望は v10 のみに反映されることになりますのでよろしくお願いします。

謝辞

いつものように、バグ報告などを頂いた皆様に深く感謝いたします。また、機材等を寄贈・貸与いただきました皆様に深く御礼申し上げます。

opencocon v9g は、ビルドの全工程とWebサイトホスティングを、ConoHa を用いて行いました。この場を借りて御礼申し上げます。そろそろ新しいConoHaが登場しているので、ビルドサーバを仕立てたうえで使用容量が少ない、効率的な運用を模索したいと思っています。

opencocon v9f released

opencocon v9f をリリースしました。今回は主は前リリースである v9e に対し、いくつか機能修正とバージョンアップを行っています。

変更点は以下の通りです。

変更点

  • FreeRDP, Koruri Fontをバージョンアップしました
  • cocon.cnf の読み込み時、特に数値/フラグのパラメータにおいて、本来と異なる値に解釈されてしまい、正常に動作しない不具合を修正しました
  • Copy-on-RAM時に起動ドライブ(CD,USBメモリ)から cocon.cnf などの各種設定を読み込めるようになりました
  • cocon.cnf に音量調整のパラメータ(COCON_MASTER_VOLUME)を追加しました
  • SoftEtherの接続を試行し、失敗した際にホスト名等の設定が残ってしまい再接続ができない不具合を修正しました
  • cocon.cnfマニュアルの誤記を数カ所修正しました
  • そのほか細かい修正

不具合

  • FreeRDPで接続時に Ctrl+Alt+Enter を押しウィンドウモードにすると、画面が歪みFreeRDPの動作速度が低下します。再接続することで元に戻りますが、対策がわかりしだい対応します
  • FreeRDP接続時、音声が乱れることがあります
  • その他にもFreeRDP、自動接続由来のバグがあるかもしれません
  • chipsドライバを使用するグラフィックカードで、Xが正常に起動しません

ロードマップ

今後数カ月は次のメジャーリリース(opencocon v10)に向けて作業するため、opencocon v9シリーズは不具合修正が主になります。FreeRDPの安定化をはじめ、 v9 シリーズにあったほうがよい修正は反映されますが、新機能などのご要望は v10 のみに反映されることになりますのでよろしくお願いします。

謝辞

いつものように、バグ報告などを頂いた皆様に深く感謝いたします。また、機材等を寄贈・貸与いただきました皆様に深く御礼申し上げます。

opencocon v9f は、ビルドの全工程とWebサイトホスティングを、ConoHa を用いて行いました。この場を借りて御礼申し上げます。

opencocon v9e released

opencocon v9e をリリースしました。今回は主は前リリースである v9d に対し、いくつか機能修正を行っています。なお、RasPi 版はリリースされていません。

変更点は以下の通りです。

変更点

  • SoftEther, SPICE, lxterminal のバージョンアップを行いました。これに伴い、メニュー画面での右クリックが利かなくなりましたので、Optionメニュー上にシェル実行の項目を追加しました。
  • cocon.cnf で VNC 接続時のユーザー名を渡せるようになりました。
  • VNC ログイン時のダイアログに数点改良を加えました。
  • opencocon の起動したデバイスから cocon.cnf を読み込めない不具合を修正しました。但し Copy-on-RAM 使用時、NetworkManager 設定は未だ不具合が残っています。
  • Broadcom BCM57780 が正常に認識していなかった不具合を解消しました。
  • kernelの起動オプションに sqs-netboot を指定すると、crusoe.sqs (initramfs ではありません)をパラメータに渡した状態でdisklessブートができるようになりましたが、テストされていません。

ロードマップ

これまで、RDP まわりの改良要望をいくつか頂いていますが、今回はまだ修正していません。内部的にはテストを進めていますが未だリリースできる段階ではありません、もうしばらくお待ちください。

謝辞

いつものように、バグ報告などを頂いた皆様に深く感謝いたします。また、機材等を寄贈・貸与いただきました皆様に深く御礼申し上げます。

opencocon v9e は、ビルドの全工程とWebサイトホスティングを、ConoHa を用いて行いました。この場を借りて御礼申し上げます。

opencocon v9d released

opencocon v9d をリリースしました。今回は主は前リリースである v9c に対し、いくつか機能修正を行っています。なお、RasPi 版はまだリリースされていません。

変更点は以下の通りです。

変更点

  • VNCでの接続メニューキーをF8からCtrl+Alt+Enterに変更しました。
  • VNC接続時に以下のキーが使えるようになりました。ただし、VNCサーバによってはキーバインドが異なったり動作しないことがあります。
    漢字、全角半角、Windows(Super)、メニュー
  • VNC接続の使用ライブラリをlibvncviewerに一本化しました。これに伴い一部のオプションを削除しました。
  • cocon.cnfに音声ミュートオプション(COCON_MUTE_MASTER_ON_BOOT)を追加しました。
  • Copy-to-RAM時に表示される、起動スクリプトの誤記を修正しました。

ロードマップ

これまで、RDP まわりの改良要望をいくつか頂いていますが、FreeRDP 1.1系と、ここんが採用していますウィンドウマネージャ(Matchbox)との相性が悪く、ウィンドウマネージャの変更が必要であるため今回はまだ修正していません。もうしばらくお待ちください。

そのほか、v9cでのロードマップで修正予定であったものも追いついていない状況です。

謝辞

いつものように、バグ報告などを頂いた皆様に深く感謝いたします。また、機材等を寄贈・貸与いただきました皆様に深く御礼申し上げます。

opencocon v9d は、ビルドの全工程とWebサイトホスティングを、ConoHa を用いて行いました。この場を借りて御礼申し上げます。

opencocon v9c released

opencocon v9c をリリースしました。今回は主は前リリースである v9b に対し、いくつかバグ修正と機能向上(実験的な面もありますが…)を行っています。

本バージョンは、先日の OSC東京 あわせでマスタリングしましたが、RasPi版の調整があり、リリースが遅れていました。ダウンロードできるイメージは、会場で配布したメディア(PC版)と同じものとなります。

変更点は以下の通りです。

変更点

  • 自動設定ファイル(cocon.cnf)の読み込み周りのコードを書き直しました。
  • SoftEther VPN の自動接続設定に対応しました。(設定方法は後日記述します、もうしばらくお待ちください…)
  • NTPサーバを入力しなくても時間補正が可能になりました(ntppoolを利用します)。
  • Siliconmotion SM712を搭載したPCでの画面表示アクセラレーションにふたたび対応しました。ただし、解像度が 1024×600 になるケースがあるなど、依然調整中です。
  • Libretto L1の画面表示を正常に行えるように修正しましたが、テストされていません。
  • PCIバスを搭載しないマシンにて、pata_legacy で3つ以上のIDEコントローラをスキャンしないようにpatchを当てました。
  • RDP接続時、パスワードの試行回数に制限を設けました。

ロードマップ

SoftEtherの認証方式のさらなる充実と、ネットブート対応を予定しています。ほか、軽微な修正をいくつか予定しています。順調にいけば、11月中旬の登場を予定しています。

謝辞

いつものように、バグ報告などを頂いた皆様に深く感謝いたします。また、機材等を寄贈・貸与いただきました皆様に深く御礼申し上げます。

opencocon v9c は、ビルドの全工程とWebサイトホスティングを、ConoHa を用いて行いました。この場を借りて御礼申し上げます。

オープンソースカンファレンス2014 Tokyo/Fall 出展します

直前の告知ですが、10/18(土)、19(日)に開催される オープンソースカンファレンス2014 Tokyo/Fall にて今季もopencoconの展示配布を行います。
東京近辺でオープンなシンクライアントに興味のある方、ぜひお越しください。

また、以下の時間にて、いずれも短時間ですがopencoconの紹介と近状についてお話します。こちらもよろしければお越しください。
10/18(土) 12:00 出張東海道らぐ・東京初のゆるライトニングトーク大会
10/19(日) 14:00 ディストロの価値の作り方 ~草の根で育むディストロ開発 第12回~

なお、OSC合わせにてopencoconのバージョンアップを予定しています。こちらは決まり次第告知いたします。

opencocon v9b released

opencocon v9b をリリースしました。今回は主は前リリースである v9a に対し、軽微なバグ修正のみを行っています。

本バージョンは、OSC島根 あわせでマスタリングしましたが、RasPi版の調整と、諸事情によりリリースが遅れていました(申し訳ありません…)。ダウンロードできるイメージは、会場で配布したメディア(PC版)と同じものとなります。

変更点は以下の通りです。

変更点

  • WebKitGTKとmidoriを更新しました。これに伴いWebPの表示に対応しました。
  • Option menuからNTPサーバに接続できるメニュー項目を追加しました。時計の同期に利用できますが、現在のところntppoolプロジェクトへのベンダー申請中ですので、サーバ名の入力をお願いします。
  • Option menuからタイムゾーンの設定ができるようになりました。なお、起動時はこのバージョンより Tokyo/Japan になります。
  • SoftEther接続後、IPアドレスの取得時に正しく接続できているか等のチェックを加えました。
  • Siliconmotion SM712 を搭載したマシンで、Force Framebufferで起動していない場合にメッセージが表示されるようになりました。このグラフィックチップは現在、Force Framebuffer のみをサポートしています。
  • L2TP関係のコンポーネントを一部追加しましたが、テストされていません。
  • Raspberry Pi : B+に対応できるよう、Linux kernelやfirmware等を更新しましたが、テストされていません。

既知のバグ

  • Libretto L1, L2にて正常に画面が映りません。

ロードマップ

今回のリリースはスケジュールの関係上、未だ実装できていない修正が存在します。これらを含め、次の v9c のリリースを行う予定です。9月下旬の登場を予定しています。

謝辞

いつものように、バグ報告などを頂いた皆様に深く感謝いたします。また、機材等を寄贈・貸与いただきました皆様に深く御礼申し上げます。

opencocon v9b は、ビルドの全工程とWebサイトホスティングを、ConoHa を用いて行いました。この場を借りて御礼申し上げます。